皮脂で髪の毛が抜ける?まとめ「そもそも皮脂の役割とは?」

皮脂が原因で抜け毛が起きてしまうという事例をあげてきたのですが、そもそも皮脂の役割とは何なんでしょうか?

皮脂とは?

皮脂とは皮膚の皮脂腺から分泌される脂肪などを含む液体でグリセリン脂肪酸エステルといいます。

毛穴内部の皮脂腺から皮脂は分泌され皮膚や毛髪を科学物質や紫外線やあらゆる有害な雑菌から保護するために存在します。

また皮脂と汗とが常在菌によって融合され保湿成分にも変化するものです。そしてこの皮脂は皮膚や髪の毛のph値を弱酸性に保つ効果があります。

皮脂は人間の体を外部からの有害物質から守るために重要な役割を果たすのですが、これが過剰に分泌されたり、古い皮脂が残ったりすることで、逆に体にとって有害な物質にも変わりやすくなります。

古い皮脂には雑菌が付着していたり、整髪料などからの刺激物や浸透性の高い有害物質が皮脂と融合していたりします。

それを放置することで、悪臭を放ったり、炎症から抜け毛まで進行したりします。

皮脂が主な原因で起きる湿疹を脂漏性皮膚炎と呼び、さらに頭皮内部でそれが進行してしまうと脂漏性脱毛症となってしまいます。

これは頭皮に痛みを感じるほど刺激の強い炎症になるので頭皮環境がよろしくないと思われる方は要注意が必要です。

この脂漏性脱毛症はストレスや不規則な生活習慣でも起こりやすく、近年では女性にも多く発症するということです。

また皮脂は体の皮膚組織から命令が行き分泌量を調整するため、シャンプーなどのしすぎで頭皮に全く皮脂がない状態が長時間続くと、カラダからの命令で皮膚に皮脂が不足していると勘違いを起こし、間違った命令を皮脂腺に送ってしまいます。

そうなると皮脂が余計に分泌してしまい、悪循環が繰り返されるので日頃の頭皮ケアも心がけたいところです。

このように皮脂は普通量が分泌している分には体にとって重要なものとなるのですが、過剰な皮脂の分泌や古い皮脂の頭皮への蓄積はよくありません。

まとめると「そもそも皮脂とは体や頭皮を守ってくれるための重要な分泌物」しかし一度扱いを間違ってしまうと最悪の自体になる可能性を秘めているモノと考えるとよいでしょう。

投稿日: