脂性で髪の毛が抜ける?

皮脂が過剰に分泌する肌質の事を脂性と言います。それでは脂性の人は普通肌の人よりも髪の毛の抜ける確率が高くなるのでしょうか?

そもそも脂性とは何か?

人の肌質を大まかに分けて行くと、普通肌、乾燥肌、脂性肌、混合肌の4つに分けられます。

普通肌を基準に考えると脂性の肌質は一日の皮脂の分泌が過剰であるため、常にベタベタ感があります。

脂性になる原因として、ホルモンバランス、生活習慣、間違った肌ケア(頭皮ケア)があります。

ホルモンバランスを崩すと?

ホルモンバランスは特に思春期の時期に成長ホルモンなどの多量分泌が原因で脂性肌になることが多いと思います。その時期はニキビなど肌トラブルも多いですよね?そして何もつけていない頭皮もべたつきを感じると思います。

このホルモンバランスは成人しある程度歳を重ねるごとに別のホルモンバランスが変化していき過剰に皮脂が分泌してしまうことがあります。また男性ホルモンの分泌が多い人も脂性になりやすいと言えるでしょう。

不規則な生活習慣

不規則な生活習慣を長いこと続けていることもホルモンバランスを崩したり、また食生活や睡眠不足によって皮脂の過剰分泌に繋がることも多くあります。特に20代や30代の仕事の忙しい時期というのは規則正しい生活というのが日本人は難しく、それが原因で皮脂の過剰分泌から薄毛になってしまうことも現代社会には多くあるでしょう。

間違った頭皮ケア

整髪料がシャンプー時にちゃんと落とせてない状態や、逆に一日に何度もシャンプーをして頭皮の皮脂を完全にない状態にすることも皮脂の過剰分泌につながります。

整髪料が頭皮には残ってしまうと整髪料の刺激物から頭皮を守ろうとして皮脂が過剰に分泌する原因となります。また、一日に何度もシャンプーをして頭皮から一切の皮脂を取り除いてしまうと、頭皮が皮脂量が足りていないと勘違いをしてしまい、皮脂を過剰に分泌してしまいます。

まとめ

頭皮の脂性の原因は上記に記載されていることがほとんどですが、皮脂の過剰分泌は肌トラブルの原因となります。頭皮ももちろん顔から一枚の肌で繋がっているため、頭皮の炎症を引き起こしやすくまたその炎症から雑菌が繁殖してしまい、頭皮がダメージを受け雑菌の繁殖を促し、抜け毛に進行してしまう可能性が高くなります。

このようなトラブルを避けるためには、正しい頭皮ケアと規則正しい生活を意識して送ることが最も重要なことになります。

投稿日: