皮脂で髪の毛が抜ける?まとめ「そもそも皮脂の役割とは?」

皮脂が原因で抜け毛が起きてしまうという事例をあげてきたのですが、そもそも皮脂の役割とは何なんでしょうか?

皮脂とは?

皮脂とは皮膚の皮脂腺から分泌される脂肪などを含む液体でグリセリン脂肪酸エステルといいます。

毛穴内部の皮脂腺から皮脂は分泌され皮膚や毛髪を科学物質や紫外線やあらゆる有害な雑菌から保護するために存在します。

また皮脂と汗とが常在菌によって融合され保湿成分にも変化するものです。そしてこの皮脂は皮膚や髪の毛のph値を弱酸性に保つ効果があります。

皮脂は人間の体を外部からの有害物質から守るために重要な役割を果たすのですが、これが過剰に分泌されたり、古い皮脂が残ったりすることで、逆に体にとって有害な物質にも変わりやすくなります。

古い皮脂には雑菌が付着していたり、整髪料などからの刺激物や浸透性の高い有害物質が皮脂と融合していたりします。

それを放置することで、悪臭を放ったり、炎症から抜け毛まで進行したりします。

皮脂が主な原因で起きる湿疹を脂漏性皮膚炎と呼び、さらに頭皮内部でそれが進行してしまうと脂漏性脱毛症となってしまいます。

これは頭皮に痛みを感じるほど刺激の強い炎症になるので頭皮環境がよろしくないと思われる方は要注意が必要です。

この脂漏性脱毛症はストレスや不規則な生活習慣でも起こりやすく、近年では女性にも多く発症するということです。

また皮脂は体の皮膚組織から命令が行き分泌量を調整するため、シャンプーなどのしすぎで頭皮に全く皮脂がない状態が長時間続くと、カラダからの命令で皮膚に皮脂が不足していると勘違いを起こし、間違った命令を皮脂腺に送ってしまいます。

そうなると皮脂が余計に分泌してしまい、悪循環が繰り返されるので日頃の頭皮ケアも心がけたいところです。

このように皮脂は普通量が分泌している分には体にとって重要なものとなるのですが、過剰な皮脂の分泌や古い皮脂の頭皮への蓄積はよくありません。

まとめると「そもそも皮脂とは体や頭皮を守ってくれるための重要な分泌物」しかし一度扱いを間違ってしまうと最悪の自体になる可能性を秘めているモノと考えるとよいでしょう。

脂性で髪の毛が抜ける?

皮脂が過剰に分泌する肌質の事を脂性と言います。それでは脂性の人は普通肌の人よりも髪の毛の抜ける確率が高くなるのでしょうか?

そもそも脂性とは何か?

人の肌質を大まかに分けて行くと、普通肌、乾燥肌、脂性肌、混合肌の4つに分けられます。

普通肌を基準に考えると脂性の肌質は一日の皮脂の分泌が過剰であるため、常にベタベタ感があります。

脂性になる原因として、ホルモンバランス、生活習慣、間違った肌ケア(頭皮ケア)があります。

ホルモンバランスを崩すと?

ホルモンバランスは特に思春期の時期に成長ホルモンなどの多量分泌が原因で脂性肌になることが多いと思います。その時期はニキビなど肌トラブルも多いですよね?そして何もつけていない頭皮もべたつきを感じると思います。

このホルモンバランスは成人しある程度歳を重ねるごとに別のホルモンバランスが変化していき過剰に皮脂が分泌してしまうことがあります。また男性ホルモンの分泌が多い人も脂性になりやすいと言えるでしょう。

不規則な生活習慣

不規則な生活習慣を長いこと続けていることもホルモンバランスを崩したり、また食生活や睡眠不足によって皮脂の過剰分泌に繋がることも多くあります。特に20代や30代の仕事の忙しい時期というのは規則正しい生活というのが日本人は難しく、それが原因で皮脂の過剰分泌から薄毛になってしまうことも現代社会には多くあるでしょう。

間違った頭皮ケア

整髪料がシャンプー時にちゃんと落とせてない状態や、逆に一日に何度もシャンプーをして頭皮の皮脂を完全にない状態にすることも皮脂の過剰分泌につながります。

整髪料が頭皮には残ってしまうと整髪料の刺激物から頭皮を守ろうとして皮脂が過剰に分泌する原因となります。また、一日に何度もシャンプーをして頭皮から一切の皮脂を取り除いてしまうと、頭皮が皮脂量が足りていないと勘違いをしてしまい、皮脂を過剰に分泌してしまいます。

まとめ

頭皮の脂性の原因は上記に記載されていることがほとんどですが、皮脂の過剰分泌は肌トラブルの原因となります。頭皮ももちろん顔から一枚の肌で繋がっているため、頭皮の炎症を引き起こしやすくまたその炎症から雑菌が繁殖してしまい、頭皮がダメージを受け雑菌の繁殖を促し、抜け毛に進行してしまう可能性が高くなります。

このようなトラブルを避けるためには、正しい頭皮ケアと規則正しい生活を意識して送ることが最も重要なことになります。

スタイリング剤で抜け毛???

ヘアワックスやジェル、ポマードといった粘着性や凝固性の強いスタイリング剤を多く使うのは、おそらくショートカットの多いメンズに多いのではないでしょうか?ちなみにハゲているのもメンズが多いですよね?

ヘアワックスやジェルといったスタイリング剤をつけた、使用しただけでは正直ハゲはしません。ただし、正しい使い方をした場合に限ります。

スタイリング剤を使用する際はほとんど髪の毛の中間部から毛先に付けるようにすることが正しく、根元からガッツリつけてしまうと、頭皮との距離が近いため少し汗をかいたりするだけで毛穴にスタイリング剤の成分が流れ込み毛穴を塞ぎこんでしまいます。

ちなみにほとんどのスタイリング剤に使用されている凝固剤などの成分は、アクリル樹脂系、合成界面活性剤、シリコン、鉱物油、アルコールなどの成分が使われています。

特に毛穴に流れ込んでちょっとやそっとじゃ落とせないのが、アクリル樹脂やシリコンなどです。ちなみにシリコンは成分表示にシリコンではなくジメチコンなどで表示されています。

ワックスを使ったその日のシャンプーって中々落ちにくいですよね?一度シャンプーしてもなんか残っているような感じがします。残っているような感じではなく残っているのです。

髪の毛にひつこく残るそれらの成分が毛穴に入り込んだりすると言わなくてもわかるように、毛穴から落とすのがものすごく困難なのです。

それが毛穴に毎日スタイリング剤を使う度に蓄積されていくとどうなるかわかりますよね?

そうです。毛根が弱ってしまい、髪の毛が抜けてしまいます。

またヘアスプレーも参考程度に説明しておきますと、ヘアスプレーも他のスタイリング剤と同様凝固剤などが使われており、さらにヘアスプレーには速乾性を持たせるためアルコールが使われています。
このアルコールがまたクセ者でアルコールが頭皮についてしまうと頭皮が乾燥して、また毛根を痛めてしまいます。

しかし、ヘアスプレーを頭皮に直接付ける人はあまりいないですよね?それは大丈夫だと思うのですが、スタイリング剤を付けた日はしっかりシャンプーして寝るようにしましょう。そのまま寝ちゃうと完全に禿げますよ。

うちの親父がそうでしたから・・・・・

というわけで、ヘアスタイリングはほどほどに、後はしっかりと落とすという事ですね。

まとめ

スタイリング剤は普通に使っていても何も問題ありません。ただしっかりとシャンプーして最後には綺麗に落とし頭皮を清潔にするだけで、スタイリング剤に関係する抜け毛は確実になくなります。

シャンプー剤で本当に抜けるの?第一回 成分編

本当にシャンプー剤で髪の毛が抜けるのか?昔に読んだ本に日本人に薄毛が多くなったのはシャンプーを毎日するようになってからだという事が書いてあったことを記憶しているのですが、果たしてそうなのでしょうか?

この記事ではシャンプーで髪の毛が抜ける可能性について解説して見たいと思います。

まずは見出しから

1 成分
2 シャンプーの仕方、時間帯、頻度
3 アフターケア

1 シャンプー剤で髪の毛の抜けるであろう成分

洗浄成分

シャンプー剤で髪の毛というよりも髪の毛の生えてくる頭皮によろしくない、刺激の強い洗浄成分

ラウリル硫酸アンモニウム、ラウミドプロピルベタイン、ラウリル硫酸na、トリクオタニウムー1ー、ポリクオタニウムー7、ラウレスー4、ラウレスー16、

これらの成分は特に経皮毒作用といって科学成分が皮膚から体内に吸収されてしまいます。特に気をつけて欲しいのが、これらの吸収が長く蓄積することが、抜け毛やそれを通り越して体調不良などに繋がってしまいます。

例として例えばラウリル系の洗浄成分の場合その洗浄能力はかなり優れたものがあります。通常ならば頭皮の毛穴といった細かい箇所、洗浄成分の行き届かない毛穴の奥まで浸透し汚れを落としてくれます。しかしそれがネックとなってしまい、余分な皮脂、毛穴に必要な皮脂まで取り除いてしまったり、きちんと洗い流せなかった場合それが毛穴からさらに皮膚奥にまで浸透し、抜け毛を誘発してしまう恐れがあります。

コーティング剤

髪の毛自体の水分や保湿成分をコーティングするためにあるのが、シリコンなどの科学成分なのですが、このシリコンは頭皮の毛穴に入りやすく、しかも溶けにくいので毛穴のつまりの原因の一つとなってしまいます。

よくシャンプー剤で表示されているのがジメチコンなどと表示されている場合が多くあります。

しかしシリコンの場合、かなり研究が進められていて、中には毛穴に蓄積されにくいシリコンもありますので、一概にシリコンが悪いという訳でもありません。

少し前にシリコンフリーというノンシリコンのシャンプーが流行りましたが、ノンシリコンの場合が髪の毛がバサバサになったという経験ありませんか?

今では一概にノンシリコンが良いとも限りません。もちろんシリコンに変わるコーティング剤も多く存在し、やはりそれが市場に出回りにくいのは、コストがかかるからといっても良いでしょう。

保湿成分

ミリスチルアルコール、ブチレンングリコール、

これらの成分は経皮毒作用があり、その成分が皮膚から皮膚内部に浸透します。本来保湿成分なので皮膚表面のコーティング程度ので良いのですが、流石に天然成分でない科学成分が皮膚内部に浸透してしまうと抜け毛の危険性を高めてしまいます。

防腐剤

シャンプーが生ものだと2、3日しか持ちません。もちろん生のほうが天然ということで皮膚にはすこぶる良いと思うのですが中中ないですね。だけど美容室などには生のタンパク質などのトリートメントなどが置いてあるところもあります。

チョット話がそれましたがシャンプー剤には当然のように防腐剤が入っています。防腐剤の中でも、安息香酸na、プチレングリコール、ペンジルアルコール、などが使用されておりやはりこれらも経皮毒作用での抜け毛、粘膜への刺激があります。

香料

最後に香料なのですが、香料はアレルギー作用がある場合があります。

また肌の弱い女性はこういったアレルギー成分に弱い方も多くいます。できればシャンプー後のアフターケアは安心できる育毛剤を使ったほうが良いでしょう。

肌の弱い女性にも安心のミューノアージュ育毛剤
長くなりましたので2の原因シャンプーの仕方、時間帯、頻度、3の原因アフターケアについては3回に分けて説明していきます。

シャンプー剤で本当に抜けるの?第二回 仕方 時間 頻度編

シャンプーで抜け毛の第2部、シャンプーの仕方、時間帯、頻度についてです。

シャンプーの間違った仕方で髪の毛は抜けるのか?

そもそも間違ったシャンプーの仕方とはどういうものなのでしょうか?まずは間違ったというか、頭皮に良くないシャンプーの仕方を考えてみましょう。

1 シャンプーの前に良くお湯で頭皮の汚れを洗い流さないですぐにシャンプー剤をつける。

シャンプー剤をつける前によくお湯で頭皮を洗い流す事をオススメします。シャンプー前にお湯でしっかりと汚れを洗い流すことでおよそ70%から80%くらいの汚れが頭皮から落ちると言われています。特にヘアワックスなど一回のシャンプーでは落としにくいスタイリング剤が髪についている時はお湯でのすすぎをしっかりとするべきです。

例えばこのお湯でのすすぎを適当にしてシャンプーをすると、シャンプーの泡立ちが悪かったりして余計にシャンプー剤の量を使うことになります。またシャンプー後にまだ頭皮がベタベタしたり、汚れが残っている感じがすると思います。そうするとまたシャンプー剤をつけてシャンプーをするためにシャンプーの強い洗浄成分の刺激を頭皮に2度与えることになり、抜け毛を加速させてしまう可能性があります。

2 シャンプーをしっかりとあわ立てる

少し繰り返しますが、しっかりとすすぎをすることでシャンプー剤が少量で泡立ちやすくなります。この泡だてが大切で、この泡でほとんどの頭皮の汚れを浮かせて取り除いていくのです。この泡立ちが悪い都効率良く頭皮の汚れが落とせないばかりか、シャンプーの原液が頭皮の毛穴に入り込んでしまい逆に頭皮に負担をかけてしまいます。

3 爪を立てない

爪を立てて頭皮を洗うと気持ち良いのですが、頭皮は傷だらけになります。その傷口から雑菌が侵入するとその下にある毛穴にかなり負担がかかり、抜け毛の危険が高くなります。
頭皮を洗う時は、優しくマッサージをするような感じで全体を優しく洗っていくようにすると良いでしょう。先ほどの泡立てた泡だけで十分に汚れは浮かせられて頭皮から除去されていると思いますので、むやみやたらとかきむしらないことです。

4 シャンプーをしっかりと洗い流す

頭を洗った後は、しっかりと頭皮のシャンプー剤を洗い流しましょう。シャンプー剤が頭皮に残ったままになるととても頭皮には有害です。これは確実に抜け毛に繋がるので気をつけましょう。

シャンプーをしたほうが良い時間帯ってあるの?

シャンプーをしたほうが良い時間帯、それは夜の寝る前です。特に朝シャンプーをするという方は気をつけたほうが良いのです。朝にシャンプーをするということは、前の日は汚れた頭のまま布団に入り汚れた頭で枕に寝ているということですよね?
そうするとその枕はおそらく毎日シーツを変えたり干したりしているわけではないでしょうから、毎日の頭の汚れが蓄積されて、雑菌だらけになっているということです。
そうするとその菌は頭皮にとって害がありますから抜け毛のリスクを高めることになります。
そういう意味合いからシャンプーをするのが良い時間は、夜寝る前に頭皮をシャンプーしたほうが、布団も枕も清潔でいられるということです。

1日のシャンプーの頻度について

ひと昔前は夜にシャンプーして朝にシャンプーということが流行りましたが、これは現在では非常識になっています。
シャンプーの頻度が高ければ高いほど抜け毛のリスクをあげてしまいます。正直シャンプー剤自体頭皮にはあまり良くないですからね。
自分から抜け毛を促進するようなものです。
ですのでシャンプーは一日一回もしくは2から3日に一回のペースで良いと個人的には思っています。
もし2、3日開けるのであれば、しっかりとお湯洗いすると良いでしょう。

次は最後の回になります。

シャンプー剤で髪の毛が抜けるのか?最終回 アフターケア編

シャンプーしたての後の頭皮のケアはかなり重要です。特に薄毛が気になり始めていたり、最近抜け毛が目立つ人には特に特に重要なことが、シャンプー後のアフターケアです。

その前に2点ほど注意点があるのでそちらから説明していきます。

1 シャンプー後は綺麗なタオルで頭皮の水分をしっかりと拭き取ります。

シャンプー後にしっかりと水分をを取り除くことでドライヤーでのドライが早くなります。髪の毛がべちょべちょに濡れたままでドライヤーをかけると、乾かし漏れができます。

2 ドライヤーでしっかりと乾かす。

ドライヤーで乾かすことで、頭皮の酸化を防いだり、余計な水分の飛ばしすぎが防げます。まず頭皮の酸化とは、濡れたままでいると頭皮の雑菌が多く繁殖してしまい、頭皮の変な臭いや炎症を引き起こしやすくなります。
しかしドライヤーで乾かすとそれらが防げますので、頭皮にはとても良いことです。

また自然乾燥ですと上記にも書いたように必要以上に髪の毛や頭皮から水分や保湿成分が乾燥してしまいます。なのでドライヤーで頭皮や髪の毛の保湿をパックして乾かすことが大切です。

ここまで分かっていただけましたら、次に移ります。

シャンプー後は頭皮には余計な物質がない状態になります。例えばシャンプー直後というのは皮脂も綺麗に落とされているので、頭皮のバリア機能がかなり低下しています。

ということは、外部からの浸透成分が浸透しやすい頭皮の状態になっているということがわかります。

この浸透成分が頭皮に浸透しやすい状態の時に育毛剤などでアフターケアをしてあげることで、発毛を驚異的に促してくれます。

この時間帯のみが頭皮の環境を最適にしてくれる重要な時間帯になるので、これを利用しない手はないですよね?

これを毎日1回繰り返すことで、1ヶ月から2ヶ月後の頭皮の状態や髪の毛の状態がかなり変化します。

もう一度言いますがアフターケアがシャンプーやその他の抜け毛の原因を防いでくれ、発毛を驚異的に促進していきます。

エクステンションやカツラ、つけ毛で髪の毛が抜ける?

エクステンションやカツラ、付け毛が抜け毛の原因になるのでしょうか?

エクステンションが抜け毛に繋がる可能性

エクステンションの本数が多ければ多いほど抜け毛の可能性が高くなります。
どういうことかというと、エクステンションをつけている箇所はしっかりとシャンプーが行届きにくくなります。
しっかりとシャンプーができなかった箇所というのは古い皮脂が大量に残ってしまったり、またシャンプー剤が洗い流せてなかったりします。

さらにエクステンションは髪の毛とくっついているため常に頭皮が引っ張られた状態になっています。

大量の古い汚れた皮脂で頭皮がダメージし、さらに四六時中頭皮が引っ張られた状態にあると髪の毛が抜けやすくなります。深刻な症状になる前にエクステンションは外してしまったほうが良いでしょう。最低でも2週間前後というところではないでしょうか?

カツラや付け毛が抜け毛を促進する訳

カツラや付け毛というのは頭皮を覆いかぶせてしまいます。特に通気性の悪いカツラや付け毛はその部分の頭皮が群れてしまい、汗と皮脂で高温多湿化してしまいます。

高温多湿化した頭皮からは雑菌が過剰に繁殖してしまい、毛根を傷つけてしまったり、毛穴の炎症を起こしてしまいがちです。

カツラや付け毛を夏につけるのは避けたいところですね。特に値段の安いカツラや付け毛というのは通気性が劣悪だったり、カツラ自体のケアができないものもあります。薄毛を隠すためにつけているものが仇となってさらに薄毛を進行させてしまっては元も子もないですよね。

カツラや付け毛をどうしても着用したいという方は、通気性の良いもので常にカツラや付け毛のケアが必要です。

もちろん自身の頭皮ケアが最優先でしょう。

まとめ

エクステンションやカツラ、付け毛は頭皮環境を悪化させやすくいつも以上に神経質なケアが必要になります。

オシャレを楽しむつもりが、髪の毛が抜けるという惨事になりうる可能性が通常の状態の時よりも高くなりやすいので、頭皮環境を意識してオシャレを楽しむと良いでしょう。

エクステンションやウィッグのオシャレを楽しむのは女性に多いと思いますが、そういった場合頭皮のケアもしっかりしなければいけません。
女性の頭皮ケアについてはこちらのサイトが参考になります。

女性の頭皮ケアは女性用育毛剤で!